高度なケアを提供する専門看護師の資格紹介

高度なケアを提供する専門看護師の資格紹介

医療技術の進歩や高齢化によって看護師が活躍する分野はますます細分化し、専門化してきています。高度な治療が行われるとそれに対応する看護師にもより高度な知識や技術が求められてきます。

 

そんな中、看護師が専門性を高める上で保健師や助産師など国家資格を取る人も増えていますが、中でも注目されるのが日本看護協会が認定する専門看護師や認定看護師という資格です。

 

今回はその専門看護師についてお話します。

 

専門看護師とは日本看護協会の専門看護師認定審査に合格した人に与えられる看護師の職名です。複雑で解決困難な看護問題を持つ人たちに対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、特定の専門看護分野の知識や技術を深めた看護師になります。

 

専門看護師の分野として9つの分野に分かれています。精神看護・ガン看護・地域看護・老人看護・小児看護・母性看護・成人看護・クリティカルケア看護・感染看護です。専門看護師は一度認定を受けたら5年ごとに更新をしなければなりません。さらに更新の条件として過去5年間に規定された看護実績や研究業績を有していることが条件となります。

 

この資格は専門看護師としての認定証が交付される資格なので、その病院でも専門看護師がいると掲げることのできる資格です。それだけ日本の現在の医療も高度化してきているということになりますね。